相続税

ビル

相続税対策として住宅取得金を利用する

相続税対策は、住宅取得資金を利用しても行えます。
住宅取得金の利用は、親が子供に対して住宅を購入するための資金を提供して相続税対策をするという方法です。
子供に対して住宅を購入するための資金を提供する場合、550万円まで贈与税がかからないようになっています。
両親で550万円ではなく1人で550万円まで贈与税がかからないので、2人分利用すれば1100万円まで贈与税がかからず資金を提供できることになります。
ですがこの方法を利用するためにはいくつかの条件がありますので、その条件を満たす必要があります。
また贈与税の通常の基礎控除額は1年間で110万円ですが、この方法で贈与を行うと、5年分前倒しして贈与したと扱われるので、その後4年間は基礎控除が受けられないくなります。

交通事故の相談は専門家にお任せください。

借金相談無料で承ります。

相続税に関するページ一覧

相続税対策について

サブリース契約というものをご存知でしょうか。
サブリースとは、マンションなどを一括で会社などに

相続税対策をするべき

お金がないこの時代、あるところにはたくさんあるようだ。
しかし、このお金がどこにあるかというの

親や親戚がやっていた相続税対策

皆さんの参考になるかはわかりませんが、親や親戚がやっていた相続税対策をご紹介します。
まずは、

相続税対策の大失敗

父が亡くなりそこそこの両親が必死で苦労して築き上げた少しばかりの財産が残った。
遺言書も何もな